幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00〜22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

美しき演歌の歌姫、幸田町に舞い降りる!
長山洋子 コンサート2015



チラシ表面
(684KB)
日時 2015年9月26日(土)1回目/開場◎12:30 開演◎13:00
             2回目/開場◎16:30 開演◎17:00
会場 幸田町民会館さくらホール
料金 <全席指定> 前売S席6,500円 A席5,500円
出演 長山洋子
内容 長山洋子 によるコンサート
Pコード 260-764
一般発売日 好評発売中!


チラシ裏面
(2.21MB)
会員予約 ハピル友の会 会員予約期間

6月14日(日)9:00〜6月20日(土)17:00
※会員料金でのチケットのお求めは、会員様1枚のみとなります。(S席5,850円、A席4,950円)
※会員優先予約のお申込みは、
お電話のみの受付となります。(0564)63-5181
※この公演の会員優先予約は
8枚までです。また、5枚以上の予約の場合、お席がわかれてのご用意とさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※座席の指定はお受けできません。座席を選んでの購入を希望される方は、一般発売をご利用ください。
※予定枚数終了後、受付終了とさせていただきます。
主催 幸田町文化振興協会
後援 -
その他 ※当日券は500円増となります。(前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。)
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席ございます。(幸田町民会館チケットセンターのみの取扱い)
※団体予約(10名様以上)をご希望の方はチケット発売日の1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お一人様4枚までの販売とさせていただきます。
お問合わせ 幸田町文化振興協会 TEL.0564-63-1111

 出演
長山洋子

<長山洋子プロフィール>
本名・・・・スミス洋子
生年月日・・昭和43年1月13日
出身地・・・東京都大田区/血液型・・・AB型/趣味:ドライブ/好物:ワイン
★主なシングル
(84年4月1日「春はSA.RA.SA.RA」(デビュー曲)
(86年10月21日「ヴィーナス」)
93年1月21日 「蜩―ひぐらしー」(演歌デビュー)/95年3月24日 「捨てられて」
96年11月7日 「たてがみ」/03年6月25日 「じょんから女節」
★主な映画・ドラマ
88.12.17〜 東映映画「恋子の毎日」/90.1.4〜 ANB系「三匹が斬る」/90.2.24〜 TBS系「ミニパトより愛をこめて」
<レギュラー番組> テレビ東京系「洋子の演歌一直線」 毎週土曜日5:45〜6:15
<オフィシャル・ブログ> http://ameblo.jp/yoko-nagayama/
<オフィシャルサイト> http://www.jvcmusic.co.jp/yoko/
84年4月、16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。
’86年10月、ユーロビートに乗せたカバー『ヴィーナス』がヒット、‘88年に映画「恋子の毎日」に主演するなど、歌手・女優としてキャリアを重ねる。 デビュー10年目の’93年、25才で演歌歌手に転身。“演歌元年”のキャッチフレーズで『蜩(ひぐらし)』を発売、演歌界に新風を吹き込み、年末の各賞受賞はじめNHKの紅白歌合戦への初出場を果たす。その後もヒットを連発。「でもねポーズ」が話題となった『捨てられて』。将棋界の奇才・羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など、「演歌の長山洋子」のスタンスをより固めていく。 また、ビクター少年民謡会時代の経験を生かした津軽三味線と民謡の披露など、コンサートにも一層の磨きがかかっていく中、立ち弾き三味線で唄う『じょんから女節』が大ヒット。より深みを増した表現力で独自の世界を創出し、演歌ファンに強烈にアピールした。 2005年からはタイトルに『洋子の・・・』と冠した3部作をリリース。「美しい日本の原風景」をテーマに長山洋子自身も制作に参加した連作で、オリジナルアルバム『洋子の紙芝居』はそれらを集約した意欲作である。 2006年は作曲家・影山時則氏とのデュエット曲『絆』が大ヒットを記録。「デュエットソングの新定番」としてカラオケファンに広く支持を受けている。 2007年は「演歌転身15周年」の記念の年!3月のスペシャルCDボックスの発売に始まり、8月には記念シングル『悦楽の園』を発売、9月には千葉県市原市有秋公園にて記念コンサートを開催し、その模様を完全収録したDVDを12月にリリースした。 そして演歌転身15周年記念シングル第2弾として『望郷ひとり泣き』をリリース、2008年の幕を開けた
その後、結婚・出産を経て、産休後は2009年10月明治座での五木ひろし公演での特別ゲストとして活動再会。
2011年2月23日、出産後初のリリース曲として「博多山笠女節」。
2012年4月に「木曽の翌檜」を発売と同時に木曽観光大使に就任。
2013年8月に「もう一度・・・子守歌」を発売
2014年5月に「恋の津軽十三湖」を発売