幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

珠玉の名曲をお楽しみください
礒 絵里子・新倉 瞳・高橋 多佳子 トリオコンサート ~美しきソリスト達の饗宴~



チラシ表面
(360KB)
日時 2017年10月21日(土) 開場/13:30 開演/14:00
会場 幸田町民会館つばきホール
料金 <全席指定>前売一般2,500円(ハピル会員2,250円)
<全席指定>前売学生1,500円
発売日 ※2017年7月23日(日)9:00~ 一般発売開始!
発売 ・幸田町民会館チケットセンター
・チケットぴあ
・JAあいち三河旅行センター
・富士プレイガイド
・蒲郡市民会館
※公演により、販売場所が異なる場合がございます。チラシをご確認ください。 
出演 礒 絵里子(Violin)
新倉 瞳(Cello)
高橋 多佳子(Piano)
内容 ソリストとしても大活躍しているメンバーによる、スペシャルなトリオ。珠玉の名曲をお届けいたします。
Pコード 336-375


チラシ裏面
(1.96MB)
会員予約  ハピル会員予約期間

2017年7月2日(日)9:00~7月8日(土)17:00

※会員料金でのチケットのお求めは、
会員ご本人様1枚のみとなります。
※会員優先予約のお申し込みは、
お電話のみの受付となります。(0564)63-5181
※この公演の優先予約は、
1公演8枚までとさせていただきます。
※座席の指定はお受けできません。
※予約後のキャンセルは、一般発売の一週間前までにお願いうたします。
※ハピル友の会の会員予約です。アーティストのファンクラブ会員の予約ではございません。
※予定枚数終了次第、受付終了とさせていただきます。
その他 ※当日券は500円増となります。(前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。)
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席ございます。(車イス席は、幸田町民会館チケットセンターのみの取扱いとなります。)
※団体予約(10名様以上)をご希望の方は、チケット発売1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お1人様4枚までの販売とさせていただきます。
お問合わせ 幸田町文化振興協会 TEL.0564-63-1111

出演者

©Masafumi Nakayama
礒 絵里子/Eriko Iso  Violin

桐朋学園大学卒業後、I・オイストラフ氏に招かれ、文化庁芸術家在外派遣研修員としてブリュッセル王立音楽院に留学。大賞を受賞し首席修了。マリア・カナルス国際コンクールほか国内外の数々のコンクールで入賞。世界各地でのリサイタル、ソリストとして日本フィル、東京フィル、名古屋フィル、チェコフィル他国内外のオーケストラと多数共演し「知性と感性と技術の実力派」と高い評価を得る。愛知万博での草刈民代氏とのコラボレーションは話題を呼んだ。宮崎国際音楽祭へは毎年参加、「題名のない音楽会21」「アインシュタインの眼」「クラシック倶楽部」ほかテレビ・ラジオ出演も多く、2010年よりFMヨコハマ「礒絵里子のSEASIDE CLASSIC」のパーソナリティを務めている。
メインのソロ活動に加え、デュオ・プリマやアンサンブルφ(ファイ)など多彩な演奏活動を展開。一財)地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティストとしてアウトリーチ活動にも積極的に参加している。真摯な演奏への取り組み、確かな技量に基づいたヨーロッパ仕込みの洗練された感性には定評があり「気負いのないしなやかな活動ぶりが、クラシック音楽シーンで着実に存在感を放っている」など各媒体で高く評されている。現在8枚のCDが好評発売中。2017年デビュー20周年を迎え、11月13日にリサイタル開催予定(東京文化会館小ホール)。洗足学園音楽大学講師。

[オフィシャルHP]http://www.34-net.com/eriko

©Takaaki Hirata
新倉 瞳/Hitomi Niikura  Cello

8歳よりチェロを始める。当時ドイツにて、ヤン・ヴィミスリッキー氏に師事。11歳で帰国後、毛利伯郎氏に師事。桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業、卒業時には皇居桃華楽堂新人演奏会に出演。室内楽を徳永二男、原田幸一郎、毛利伯郎の各氏に、桐朋学園大学研究科において堤剛氏に師事。2003年、『いしかわミュージックアカデミー』IMA音楽賞を受賞し、アメリカ/アスペン音楽祭に奨学生として参加。宮崎国際音楽祭、鎌倉芸術館ゾリステン、プロジェクトQ等にも出演。桐朋学園大学在学中の2006年にはCDデビューし、以後様々なメディアに取り上げられTV、ラジオへの出演多数。2009年には森下仁丹ビフィーナのCMキャラクターにも抜擢された。2010年よりバーゼル音楽院にてトーマス・デメンガ氏に師事し、ソリストコース・教職課程共に最高点にて修了。2015年には、ポルトガル/リスボンで開催された『Internacional Verão Clássico2015』チェロ部門にて第1位受賞。また、カメラータ・チューリッヒのソロ首席チェリストに就任、室内楽奏者としての活躍も目覚ましく、今、一番目が離せない若手女流チェリストである。名器特別貸与者として、日本ヴァイオリンよりC.F.Landolfiを貸与されている。第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。

[オフィシャルHP]hitominiikura.com

©Akira Muto
高橋 多佳子/Takako Takahashi  Piano

1990年第12回ショパン国際ピアノ・コンクール第5位入賞。以後ポルト国際コンクール第2位、ラジヴィーウ国際コンクール第1位、第22回日本ショパン協会賞受賞など、輝かしい受賞歴を有する。桐朋学園大学卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。その後10年にわたりポーランドで研鑽を積む。国立ワルシャワ・フィルをはじめ、新日本フィル、東京フィル、札響、京都市響、名古屋フィルなど、国内のほとんどの主要オーケストラと共演を重ねている。すでに18枚のCDをリリースし、その多くが “レコード芸術誌特選盤”となる。2006年からはソロ活動に加え、宮谷理香とのピアノデュオ・ユニット「DuoGrace」を結成し各地で演奏活動を行う。2010年より《茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会》全国ツアーに参加。同年3月より浜離宮朝日ホールにて全4回に亘る《ショパンwithフレンズ》~奇跡の年~シリーズを開催、各会ともに優れた企画と高い音楽性で絶賛を博した。2014年からは主要ソナタをプログラムの中心に据えた自主企画シリーズ《名曲達の饗宴》を開催するなど、ますます意欲的な活動で大きな注目を集めている。

[facebook]https://www.facebook.com/takakoChopin1990
[twitter]http://twitter.com/takako1990