幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

Duplessy & the Violins of the World JAPAN TOUR 2018
デュプレッシー&世界の弦楽器たち



チラシ表面
(3.08MB)
  
日時 2019年3月10日(日)開場/15:30 開演/16:00
会場 幸田町民会館つばきホール
料金 <全席指定>前売 一般 4,000円(ハピル会員3,600円)
             学生 2,000円
発売日 ※チケット好評発売中!
発売 ・幸田町民会館チケットセンター
・チケットぴあ
※セブンイレブンで直接購入もできます。
・ローソンチケット
※ローソン、ミニストップで直接購入もできます。
・JAあいち三河旅行センター
・富士プレイガイド
・蒲郡市民会館
※公演により、販売場所が異なる場合がございます。チラシをご確認ください。 
出演 Mathias Duplessy、Enkhjagal Dandarvaanchig、
GUO Gan、Aliocha Regnard
Pコード 133-615
Lコード 43019
https://l-tike.com/order/?gLcode=43019
※外部サイトへ移動します。


チラシ裏面
(2.62MB)
その他 ※当日券は500円増となります。(前売が完売の場合、当日券の販売はありません)
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席の販売は、幸田町民会館チケットセンターのみとさせていただきます。
※団体予約(10名様以上)をご希望の方はチケット発売日の1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お1人様4枚までの販売とさせていただきます。
主催 幸田町文化振興協会
後援 幸田町・幸田町教育委員会 
お問合わせ 幸田町文化振興協会 TEL.0564-63-1111



マシアス・デュプレッシー
1972 年パリ生まれ。6歳からクラシックギターを学び、18歳からプロとして活動。 インド映画、フランス映画(Vie Sauvage やL'Oranaisなど)の作曲家でもあり、年中無休で国際的なジャズやワールドミュージックシーンで活躍中。
マシアスは子供の頃からギターで作曲を始め、これまで多くのギタリストが彼の曲を演奏し、レコーディングしてきた。 例えばジェレミー・ジューヴ(彼のCavalcadeというアルバムは全てマシアス作曲)やティボー・コーヴァン(Sony)、ソフィア・ボロス(ECM)などである。 これまでに世界中のアーティストと20枚以上のアルバムを制作してきた。
彼の最新アルバム「クレイジー・ホース」はアメリカのi-tunesでランキング入りし、これまでの動画の総再生回数は800万回を超える。


エンフジャルガル・
ダンダルヴァーンチグ
1968年モンゴル、ウランバートル生まれ。ロシアとの国境線に近い小さな村で育つ。 1990年から1992年までウランバートル音楽学校で学ぶ。彼の師はモンゴルで最も知られる馬頭琴プレーヤー。
エピはモンゴルの伝統的な遊牧生活に起源を持っている。 1993年、エピはAltainOrgilとともに初めてドイツに渡る。そこでエピはロジャー・オッパーマンと出会い、共に演奏するようになる。その後ロジャー・オッパーマンとドイツ国内やヨーロッパ各国 だけでなく、アメリカや世界中の国々で演奏するようになる。
モンゴルの民族音楽に対する彼の解釈は東洋、西洋両方の世界を自由に行き来することから、彼のソロ名義のファーストアルバムは“Hoirr O?ngo?”(2世界の間で)と名付けられている。 彼は奇跡的なホーミーの歌声の持ち主でもある。 また自らが持つ伝統的ルーツを現代的且つ西洋的な音楽と混ぜ合わし、即興的に演奏することをこよなく愛する。
現在ドイツのカールスルーエに住まいを持ち、自らの音楽的情熱をヨーロッパや世界中のオーディエンスと分かつ合うべく、世界中を回っている。 日常の小さな幸せに目を向けることが、人生をより面白く素敵で陽気なものにしてくれると気付かせてくれてる。


グオ・ガン
 
1968年中国北部の瀋陽に生まれる。音楽家一家であり、幼少期から中国伝統楽器である二胡に魅了される。
彼の最初の先生は著名な二胡奏者で父であるグオ・ジンであり、そんな父の影響からか彼は4歳からオーディエンスを前に演奏を始める。 グオ・ガンは中学時代(1981年-1987年)西洋楽器に魅了され、ヴァイオリン、チェロ、ピアノを専攻した。16歳の時、父グオ・ジンのツアーに同行し、100以上のコンサートをこなす。
1987年瀋陽音楽学校に入学し、1991年には二胡の博士号を取得。1991年から1994年までは自身の二胡とパーカッションのグループを結成し、コンサートを頻繁に開催。 また遼寧省のダンスや映画会社でも演奏をした。 1992年に遼寧省伝統音楽コンクールで最優秀賞を受賞。1995年に遼寧省音楽学校の二胡とパーカッションの教授に任命される。 同じく1995年に中国では良く知られているジャズグループGYQの最初のメンバーの一人となる。
2001年自身の音楽的経験・スキル拡大、向上の為パリに移住。以来、ディディエ・ロックウッド、ラングラン(カーネギー・ホール)、イヴァン・カッサー(パレ・デ・コングレ・ド・パリ...) などの有名なアーティストと世界中で演奏している。また映画サウンドトラックやその他CDにも多数参加している。 また西アフリカ発祥楽器バラフォンの奏者、アリ・ケイタとのデュオでも活躍中。


アリオチャ・レグナルド
1977年フランス生まれ。類い稀なるヴァイオリニストであるアリオチャ・レグナルドは幼少期から即興音楽に魅了され、自身のライフワークとして取り組んでいる。
1998年からスウェーデンに起源を持つニッケルハルパとスペインに起源をもつフィドゥラに出会い、それ以来情熱を注ぐことになる。ニッケルハルパでの作曲は西洋、東洋を 混ぜ合わせた彼の音楽的世界観を作り上げ、描き出すことを可能にした。
2004年にはフルート奏者パトリック・ルーダントと共にアリスマを結成。レパートリーの作曲の多くを手がける。以来、このデュオはフランス国内だけでなく、ロシア、シベリア、スイス、 ルクセンブルクなど数多くの国々で演奏してきた。
2009年から2014年はフランス人シンガーソングライター、ラク・アルボガストの4枚のアルバム(ユニバーサル・レコード・フランス)にも参加している。
2012年からは、カンティーガ、セファルディム、トルコ系、アルメニア系、アフガニスタン系の音楽を混ぜ合わせた「カンティクム・ノブム・アンサンブル」というグループの 「アーシェナイ」「アララト山」「セファルディの歌曲集」「トプカプ」という演目に参加している。また2014年には「ヤ・レイリ・トリオ」のメンバーの一人としても参加している。