幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

東海地方出身イケメン津軽三味線プレイヤーたちが幸田に華を咲かせます
津軽三味線☆三絃士コンサート



チラシ表面
(1.25MB) 
日時 2019年5月11日(土) 開場/13:30 開演/14:00
会場 幸田町民会館つばきホール
料金 <全席指定>前売3,000円(ハピル会員2,700円)
発売日 ※チケット発売日 2019年3月24日(日)9:00~
発売 ・幸田町民会館チケットセンター
・チケットぴあ
※セブンイレブンでも直接購入できます。
・ローソンチケット
※ローソン、ミニストップでも直接購入できます。
・富士プレイガイド

※公演により、販売場所が異なる場合がございます。チラシをご確認ください。 
出演 伊藤圭佑(津軽三味線)
馬場淳史(津軽三味線)
杉山大祐(津軽三味線)
浅野聡太(和太鼓 サポートメンバー)
田中風真(津軽三味線 ゲスト)
内容 津軽三味線☆三絃士は、東海地方出身の伊藤圭佑、馬場淳史、杉山大祐による津軽三味線ユニット。正統派じょんがら節はもちろん、ポップスや童謡も、三絃士ならではの音で生まれ変わります。同じ楽器だからこそ際立つ三人の個性と、9本の弦によるアンサンブルの迫力、躍動感溢れる演奏をお楽しみに!
Pコード 143-631
Lコード 45097
https://l-tike.com/order/?gLcode=45097
※外部サイトへ移動します。


チラシ裏面
(1.53MB)
会員予約 ハピル会員予約期間

2019年3月9日(土)9:00~3月15日(金)17:00

※会員料金でのチケットのお求めは、
会員ご本人様1枚のみとなります。
※会員優先予約のお申し込みは、
お電話のみの受付となります。(0564)63-5181
※この公演の優先予約は、
1公演8枚までとさせていただきます。
※座席の指定はお受けできません。
※予約後のキャンセルは、一般発売の一週間前までにお願いうたします。
※予定枚数終了次第、受付終了とさせていただきます。
その他 ※当日券は500円増となります。(前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。)
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席ございます。(車イス席は、幸田町民会館チケットセンターのみの取扱いとなります。)
※団体予約(10名様以上)をご希望の方は、チケット発売日1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お1人様4枚までの販売とさせていただきます。
お問合わせ 幸田町文化振興協会 TEL.0564-63-1111

出演者
伊藤 圭佑(いとう けいすけ)
三重県鈴鹿市出身。2008年、大学で津軽三味線と出会い、工藤菊詩城氏に師事。楽器未経験ながら三味線経験で数々の津軽三味線全国大会に入賞。国内外のTV・ラジオなどのメディア出演やフランス「JAPAN EXPO」、中国「桂由美アジアブライダルサミット」、台湾、スペイン、モンゴル、ロシア、インドネシア公演等。古典から和洋楽器とのセッションなど幅広く活動。AUN Jクラシックオーケストラのサポートメンバーとして海外公演・全国ツアーなどにも参加。Alpha Management所属モデル。鈴鹿と・き・め・きドリーム大使。
馬場 淳史(ばば あつふみ)
1988年愛知県春日井市出身。2005年17歳の時に津軽三味線のコンサートへ行き、その音色と迫力に魅了され、その後すぐに津軽三味線を習い始める。石田音人、神谷茂良各氏に師事。20006年津軽三味線全国大会では、津軽三味線を始めて2年目にして一般男性の部にて5位入賞、翌年2007年の同大会では優勝を果たす。2010年より津軽三味線「響」の代表を務める。
現在は独自の演奏活動や津軽三味線の指導にも力を注ぎ、民謡の演奏のみでなく和楽器や洋楽器とのセッションにも挑戦している。2014年に春日井広報大使に任命。
杉山 大祐(すぎやま だいすけ)
愛知県日進市出身。テレビの影響を受け10歳の頃より近藤のぶ代氏に師事し、津軽三味線、民謡を習い始める。翌年からは全国大会にも出場するようになり、各地の大会で入賞、優勝を果たす。日本の伝統芸能の素晴らしさを多くの方に知っていただくために、2014年の世界遺産薬師寺奉納公演や、2015年台湾公演等、国内外で活動している。また伝統を大切にすると同時に、ピアノや打楽器とのセッションも行い、新たな音楽の追求も目指す。「笑顔と感動のあふれるステージを!」という強い気持ちを持って活動中の期待の若手三味線奏者。
浅野 聡太(あさの そうた)
愛知県出身。和太鼓奏者。梅村幸生に和太鼓を師事する。和太鼓グループ「REN」のメンバーとして活動をを開始し、17歳からは「SUPER TAIKO JUNIOR」のリーダーとして、国内外で演奏活動を行う。2015年には、「ZI-PANG」のメンバーとしてプロデビューし「メルセデスベンツ新型Eクラス発表記念式典」などのイベントに出演する。TOWNWORK presents「CampusLife+1」で準グランプリを獲得するなど、演奏活動のみならず、アカデミックなアプローチで和太鼓の魅力を人々に伝えている。2017年2750任もの応募の中から50人のみが選出された公益財団法人クマ財団のクリエーター奨学生としてもアーティスト活動を行う。
田中 風真(たなか ふうま)
愛知県豊橋市出身。2003年7月30日生。幼い頃に聴いた津軽三味線の音色に圧倒され、5歳より津軽三味線雅會・中野貴康氏に師事。数々の全国大会で11度の優勝を果たし、14歳より吉田兄弟(弟)健一プロデュース。津軽三味線集団疾風(はやて)へ、最年少で加入、プロ活動、イベントなどの演奏に力を入れている。