幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
愛知県額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

国民的作曲家古関裕而氏が遺した、スポーツ・ラジオドラマ・歌謡曲・演劇など多岐にわたる作品約5,000曲の中から、名曲の数々をお届けいたします。
歌とオーケストラで綴る古関裕而の世界



チラシ表面
(-KB) 
日時 2020年8月23日(日)  開場/14:30 開演/15:00
会場 幸田町民会館さくらホール
料金 <全席指定>4,500円(ハピル会員4,050円)
発売日 2020年6月21日(日)9:00~ 一般発売開始!
発売場所 ●幸田町民会館チケットセンター
●チケットぴあ
※セブンイレブンでも直接購入もできます。
●ローソンチケット
※ローソン、ミニストップでも直接購入もできます。
※公演により、販売場所が異なる場合がございます。チラシをご確認ください。
出演 指揮/西野 淳
おはなし・歌/吉田正勝、清水正美
管弦楽/セントラル愛知交響楽団
合唱団/ 古関裕而記念合唱団
演奏予定
曲目
スポーツ・ショー行進曲 / オリンピック・マーチ
栄冠は君に輝く / ドラゴンズの歌
巨人軍の歌(闘魂こめて)-阪神タイガースの歌(六甲おろし)
「ひるのいこい」テーマ音楽 / とんがり帽子
さくらんぼ大将 / 君の名は / モスラの歌
船頭可愛や / イヨマンテの夜 / あこがれの郵便馬車
長崎の鐘 / 高原列車は行く   ほか
Pコード 今しばらくお待ちください
Lコード 今しばらくお待ちください
https://l-tike.com/  ※外部サイトへ移動します。


チラシ裏面
(-KB)
会員予約 ハピル会員予約期間

2020年5月24日(日)9:00~5月30日(土)17:00

※会員料金でのチケットのお求めは、
会員ご本人様1枚のみとなります。
※会員優先予約のお申し込みは、
お電話のみの受付となります。(0564)63-5181
※この公演の優先予約は、
1公演8枚までとさせていただきます。
※座席の指定はお受けできません。
※予約後のキャンセルは、一般発売の一週間前までにお願いうたします。
※ハピル友の会の会員予約です。アーティストのファンクラブ会員の予約ではございません。
※予定枚数終了次第、受付終了とさせていただきます。
その他 ※7月以降に開催を予定している公演につきましては、新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大や行政機関からの案内などにより、適宜見直すことといたしますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

※前売券が完売した場合、当日券の販売はございません。
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席の販売は、幸田町民会館チケットセンターのみとさせていただきます。
※団体予約(10名様以上)をご希望の方は、チケット発売日の1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お1人様4枚までの販売とさせていただきます。
協力 福島市、福島市古関裕而記念館 
企画制作 公益財団法人かすがい市民文化財団、幸田町文化振興協会
お問合わせ 幸田町文化振興協会 TEL.0564-63-1111


出演者
合唱団員募集!!

本公演の特別企画として、地域の皆様による合唱団を結成し、オーケストラの演奏をバックに歌っていただくことを計画しています。歌唱曲は、「高原列車は行く」、「長崎の鐘」を予定しています。

【練習日時】
 6月26日(金)/7月10日(金)、17日(金)、24日(金)/8月7日(金)、14日(金)、21日(金)
 18:30~20:00
【練習会場】・・・幸田町民会館内
【合唱指導】・・・西野 淳、天野久美、伊藤貴之
【募集内容・参加条件等】
・参加条件・・・練習に積極的に参加できる中学生以上の方
・募集人数・・・50名(先着順)
・参加費・・・・・5,000円(ただし、中学生・高校生は2,000円といたします。)
・受付期間・・・6月7日(日)から6月20日(土)まで ※お電話にてお申込みください。
         幸田町文化振興協会/0564-63-1111

※新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大や行政機関からの案内などにより、適宜見直すことといたしますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
古関 裕而(こせき ゆうじ)

(本名、古関勇治)は、明治42(1909)年福島市大町に生まれ、昭和5(1930)年9月に日本コロムビア(株)に作曲家として入社、以来、作曲活動を継続し、戦前においては「露営の歌」「暁に祈る」等の歴史的作品を残したほか、戦後の荒廃した社会の中にあっては「とんがり帽子」「長崎の鐘」等未来へ希望を抱かせる明るい歌謡作品を発表し多く人に愛唱されています。
さらに、菊田一夫氏とのコンビで昭和22(1947)年以降は放送作品に力をそそぎ、NHKラジオ・ドラマ「鐘の鳴る丘」「さくらんぼ大将」「君の名は」等の主題歌を発表し一世を風靡したことはあまりにも有名です。こうした数々の放送関係における業績により同28(1953)年NHK放送文化賞を受賞しました。また、昭和39(1964)年アジアで初めて開催されました東京オリンピックの選手入場行進曲「オリンピック・マーチ」を作曲しました。
作曲作品総数は、5,000曲にもおよび、スポーツ・ラジオドラマ・歌謡曲・演劇・校歌・社歌等、多岐にわたっています。こうした一連の功績によって昭和44(1969)年には紫綬褒章を受章しています。
また、昭和54(1979)年4月には福島市名誉市民第一号となり、その功績と栄誉をたたえられています。
指揮/西野 淳

愛知県立芸術大学作曲科卒業。洗足学園附属指揮研究所マスターコース修了。 1987年度日本バンドクリニック委員会主催吹奏楽作品公募第一位入賞。吹奏楽の作編曲家として活動し、近年は東宝・劇団四季・宝塚歌劇団・ホリプロなどの公演において「エリザベート」「ダンスオブヴァンパ
イア」「モンテクリスト伯」「オペラ座の怪人」「ウィキッド」「ロミオとジュリエット」「1789」「イントゥーザウッズ」「スウィニートッド」等の指揮、また宮本亜門演出・新国立劇場制作のブロードウェイミュージカル「太平洋序曲」のアメリカ公演の指揮を務めるなど、ミュージカル指揮者として活躍している。第21回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞。
おはなし・歌/吉田 正勝

福島県浪江町出身。東京学芸大学社会科中退。声楽を二期会岸本力氏に師事。ともしびの歌い手として30数年、ロシア民謡、歌曲、ロシアオペラを研鑽。2004年「ロシアと日本の歌」コンサートのリサイタル公演を開催、好評を博す。現在、全国各地でともしび出前歌声の歌手と司会者として出演活躍中。また、この13年間ともしび新宿店にて山田剛史氏と協力して、山田剛史ピアノコンサートと、ともしびクラシックカフェコンサートを企画制作し、出演。好評を博す。
おはなし・歌/清水 正美

東京都調布市出身。東京学芸大学数学科卒業。声楽を二期会大倉由紀枝氏に師事。ともしびの歌い手として30数年全国各地で清水正美コンサート、出前歌声の活躍。クラシックの歌曲、オペラのアリアからポピュラーまで幅広いレパートリーとその歌唱力には定評があるソプラノ。2001年11月から毎月、金子みすゞ作品集(大西進作曲)の全曲連続コンサートに取り組み、2004年12月11日浜離宮朝日ホールにて完結コンサート翌2005年2月にアンコール公演を開催し、好評を博す。その後再び金子みすゞ全詩を歌うコンサートに挑戦し完結。CDは、「清水正美の世界1~6」、「金子みすゞ選集Ⅰ、Ⅱ」「歌の力~平和の願い、清水正美の世界7」、2017年7月三世代におくる「虹~七色の声に包まれて~」を出版、好評発売中。
管弦楽 セントラル愛知交響楽団

1983年ナゴヤシティ管弦楽団として発足。岩倉市の事業補助を受け1997年に現名称に改名の後、2009年4月一般社団法人となる。2019年4月から常任指揮者に角田鋼亮が就任。5年間にわたり音楽監督を務めたレオシュ・スワロフスキーを名誉音楽監督に、名誉指揮者小松長生、特別客演指揮者松尾葉子、首席客演指揮者齊藤一郎、正指揮者古谷誠一という布陣で新たなスタートを切る。定期演奏会、コンチェルトシリーズ、「第九」演奏会等の自主公演の他、バレエ、オペラ、ミュージカル等の依頼公演にも数多く出演。独自の構成によるプログラム、幅広いレパートリーを生かした学校公演、演奏者と聴衆の距離を縮めるような室内楽公演にも積極的に取り組み、年間約100回の公演はいずれも好評を博す。