幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
愛知県額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

加藤昌則があの人に出会ったら・・・!?シリーズ第3弾!!
加藤昌則 meets 鈴木大介 ピアノ&ギターコンサート



チラシ表面
(657KB)
日 時 2022年2月26日(土) 開場/13:30 開演/14:00
会 場 幸田町民会館つばきホール
料 金 <全席指定>一般2,000円(会館会員1,800円)
<全席指定>学生1,000円
※感染状況の動向、政府および自治体の方針変更等により、販売枚数を制限する可能性がございます。
発売日 好評発売中!
発売場所 ●幸田町民会館チケットセンター
●チケットぴあ
※セブンイレブンでも直接購入できます。
●ローソンチケット
※ローソン、ミニストップでも直接購入もできます。
出 演 加藤 昌則(作曲家・ピアノ)
鈴木 大介(ギター)
内 容 クラシックコンサート
演奏予定
曲目
不詳:禁じられた遊び
中村 八大:上を向いて歩こう
E.モリコーネ:海の上のピアニスト
H.マンシーニ:ムーン・リバー
J,ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(全楽章) ほか


チラシ裏面
(836KB)
 
Pコード 204-716
Lコード 43054
https://l-tike.com/  ※外部サイトへ移動します。
その他  ※開催を予定している公演につきましては、新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大や行政機関からの案内などにより、適宜見直すことといたしますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

※完売した場合、当日券の販売はございません。
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席の販売は、幸田町民会館チケットセンターのみとさせていただきます。
※団体予約(10名様以上)をご希望の方は、チケット発売日の1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お1人様4枚までの販売とさせていただきます。

※公演中止や延期の場合を除き、感染拡大への不安や体調不良、感染によるチケットの払い戻しはいたしかねます。ご自身の体調や環境、状況を踏まえ、あらかじめご了承のうえ購入をご検討ください。

※公演の中止や延期が生じた場合、それに伴う払い戻し等の対応については、ホームページ等でご案内させていただきます。チケットはなくさずに保管をお願いいたします。
主催
お問合せ
幸田町文化振興協会 0564-63-1111
後援 幸田町、幸田町教育員会 
「劇場・音楽等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」  


出演者
加藤 昌則(作曲家・ピアノ) Masanori Kato

神奈川県出身。東京藝術大学作曲科を首席で卒業し、同大学大学院修了。
作品のジャンルはオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。福田進一、藤木大地、福川伸陽、三浦友理枝、奥村愛など多くのソリストに楽曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。
2001年デビューCD「SOLO」(アートユニオン)リリース。同CDの収録曲の楽譜集も出版。女声合唱組曲「5つのソネット」や宮本益光作詞による合唱組曲「あしたのうた」など楽譜も多く出版されている。2005年、日本を代表するクラシカル・サクソフォン奏者、須川展也からの委嘱により、「スロヴァキアン・ラプソディ〜サクソフォンとオーケストラのための〜」を作曲、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の東京公演(サントリーホール)で初演され、その後、須川展也のアルバムにも収録。また2009年ブラティスラヴァにても演奏され満場の喝采を浴びた。2006年自身初のオペラ作品《ヤマタノオロチ》を発表、日本経済新聞紙上などで絶賛される。その後も2006年管弦楽曲《刻の里標石(ときのマイルストーン)》(神奈川フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品/2008年東京オペラシティコンサートホール開館10周年記念公演にて再演)、2012年「福島復興・復活オペラプロジェクト」オペラ《白虎》(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、2013年管弦楽曲《Legends in the Sky》、2014年連作歌曲《二本の木》(王子ホール委嘱作品)、2015年合唱曲《地球をつつむ歌声》(NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)、2018年管弦楽曲《Sixteenth Montage》(セントラル愛知交響楽団委嘱作品)ほか、数多くの作品を発表。NHK2020応援ソング「パプリカ」の合唱編曲も手掛けている。
独自の視点・切り口で企画する公演やクラシック講座などのプロデュース力にも注目を集めており、王子ホール「銀座ぶらっとコンサート Caféシリーズ」(企画・ピアノ)、東京・春・音楽祭 「ベンジャミン・ブリテンの世界」(企画・構成)、「日生劇場ファミリーフェスティヴァル」(作編曲・構成)などを務めている。2019年4月より長野市芸術館レジデント・プロデューサー。最新CDは2017年発売「PIANO COLOURS」(エイベックス・クラシックス)。
2016年4月よりNHK-FM「鍵盤のつばさ」番組パーソナリティーを担当。
[Official Website] www.masanori-music.com

(C)Yoshinobu Fukaya
鈴木 大介(ギター) Daisuke Suzuki

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。

マリア·カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター·コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。 
武満徹、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊佐治直、林光ら、多くの作曲家による新作を初演しているほか、都立現代美術館、国立新美術館、ブリヂストン美術館など美術館でのコンサートも数多く行っている。

斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。ピアソラ没後20年となる2012年に、世界でも例を見ない多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス·ノニーノ~アストル·ピアソラ作品集」をリリース。2021年9月アールアンフィニ レーベルからの発売の最新作『ギターは謳う My Guitar’s Story』では、武満徹編のポピュラーソング集「12の歌」を20年ぶりに再録、ディアンス編のシャンソンや自編のジャズ・スタンダードとピアソラ作品を併録している。

第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。
[Official Website] https://www.daisukesuzuki.com/
ブログ http://daisukesuzuki.at.webry.info/