幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
愛知県額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

19の国際ギターコンクールで優勝を果たした天才によるリサイタル
Marcin Dylla Guitar Recital マルツィン・ディラ ギターリサイタル



チラシ表面
(867KB)
日 時 2022年9月9日(金) 開場/18:00 開演/18:30
会 場 幸田町民会館つばきホール
料 金 <全席指定>一般3,000円
<全席指定>学生1,000円


※感染状況の動向、政府および自治体の方針変更等により販売枚数を制限する可能性がございます。
 出 演 マルツィン・ディラ(ギター)
 内 容 ギターリサイタル
発売日 Web会員先行販売
 6月19日(日)10:00 ~ 6月21日(火)

一般発売
 6月26日(日)10:00~

※一般発売日初日はインターネット販売、チケットぴあ、ローソンチケットのみの取扱いとなります。
※窓口販売及び電話予約は、残席がある場合に限り6月28日(火)9:00から受付いたします。


チラシ裏面
(832KB)
発売場所 ●幸田町民会館チケットセンター
●幸田町民会館webサイト
●チケットぴあ
※セブンイレブンでも直接購入できます。
●ローソンチケット
※ローソン、ミニストップでも直接購入もできます。
Pコード 219-468
Lコード https://l-tike.com/  ※外部サイトへ移動します。
45417
主催
お問合せ
幸田町文化振興協会 0564-63-1111
  その他  ※開催を予定している公演につきましては、新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大や行政機関からの案内などにより、適宜見直すことといたしますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※完売した場合、当日券の販売はございません。

※インターネットからの購入はClubハッピネスWeb会員にご登録いただく必要があります。

※車イス席の販売は、幸田町民会館チケットセンターのみとさせていただきます。

※公演中止や延期の場合を除き、感染拡大への不安や体調不良、感染によるチケットの払い戻しはいたしかねます。ご自身の体調や環境、状況を踏まえ、あらかじめご了承のうえ購入をご検討ください。

※公演の中止や延期が生じた場合、それに伴う払い戻し等の対応については、ホームページ等でご案内させていただきます。チケットはなくさずに保管をお願いいたします。
「劇場・音楽等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」  


出演者
マルツィン・ディラ(ギター)

ワシントン・ポスト紙が「この地上で最も才能あるギタリストの一人」と激賞。近現代のギターの歴史に一大旋風を巻き起こしている極めて稀な存在である。数多くの音楽評論家、愛好家、ファンたちは、間違いなく世界のトッププレイヤーであると認めてきている。1996年から2007年までの間に19もの国際ギターコンクールで優勝。世界最難関と言われるロサンゼルスのGFA国際で2007年に優勝し、その有終の美を飾っている。これにより北米、メキシコ、カナダで2008-09シーズンに50回以上のコンサートを開催している。ライブ映像はMel Bayパブリケーションにより収録され、CDはナクソスからリリースされた。このCDはナクソスの2008年9月のトップ10セールスを記録した。「ヴァヴェル城の夕暮れ」と第したDVDは2010年にフレデリック賞(ポーランドの賞で、アメリカにおけるグラミー賞に相当)のソロ・クラシック・ギター部門の年間アルバム賞にノミネートされている。

2016年にはコンセルトヘボウにリサイタルデビューしたほか、サンフランシスコ音楽院に客員教授として招かれた。同年はメキシコ、チリ、日本、台湾(台北交響楽団との共演)、カーネギーホールデビューを含む2ヶ月もの北米ツアー、ヨーロッパではウィーン・コンツェルトハウス、コブレンツ国際ギターフェスティバルにも出演。そのほか毎年定期的に大きな音楽祭に出演している。

アメリカではシンシナティ、レキシントン、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ソノマ、クリーヴランド、ニューヨーク、ユタ、マイアミ、ボストン、ニュージャージー、シアトルでリサイタルを開催し、リバーサイド・シンフォニアとはピアソラのギターとバンドネオンのための協奏曲を演奏している。欧州では英国、ノルウェー、スペイン、ハンガリー、スウェーデン、デンマーク、ポーランド、イタリアで演奏し、イタリアでは第42回ミケーレ・ピッタールガ国際ギターコンクールの審査員も務めた。

オーケストラの共演としては、クリスチャン・アルミンク指揮ワルシャワ・フィルと2回共演(ポンセ「南の協奏曲」とロドリーゴのアランフェス協奏曲)しているほか、ベーカーズフィールド響、バッファロー・フィル、RTVE交響楽団、サンクト・ペテルブルク・フィル、トリノ交響楽団、シュトゥットガルト放送響、ブカレストのルーマニア国立放響、エッセン室内管などと共演している。

2006年には伝説の作曲家ホアキン・ロドリーゴの娘であるセシリア・ロドリーゴが、新たに発見されたホアキン・ロドリーゴのギター・ソロ作品「トッカータ(1933)」の初演にディラを指名し、マドリードのソフィア王妃芸術センターで初演された。2002年にはアレッサンドリアのギターコンクールで優勝し「『ゴールド・ギター』音楽批評家賞」を授与された。

そのほかウィーン・コンツェルトハウス、ウィーン楽友協会、ウィーンのロブコヴィッツ宮、サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー、バッファローのクラインハンス・ミュージックホールをはじめ、ヨーロッパや北米のほぼ全ての著名なギター音楽祭に出演している。

1976年ポーランドのホジュフ生まれ。最初のギターのレッスンはルダ・シロンスカの音楽院で受け、1995年から2000年までの間にオスカー・ギリア、ソーニャ・プルンバウアー、カルロ・マルキオーネにバーゼル、フライブルク、マーストリヒトなどで師事した。現在カトヴィツェおよびヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学(ミュンスター)でギター科の教授として活躍している。