幸田町立図書館 幸田町民会館 幸田町民プール
ハッピネス・ヒル・幸田 Welcome to HAPPINESS HILL KOTA
文字サイズ
サイト内検索 
9:00~22:00 月曜は休館日です

〒444-0103
愛知県額田郡幸田町大字大草字丸山60
TEL / 0564-63-1111
FAX / 0564-63-5186
E-mail / hapiru@happiness.kota.aichi.jp
JR幸田駅より車にて約5分
JR相見駅より車にて約7分

・岡崎インターより車で約20分
・R23芦谷インターより車で約5分

JR幸田駅より徒歩約30分
JR相見駅より徒歩約40分

イベント情報

文化庁令和2年度 戦略的芸術文化創造推進事業「JAPAN LIVE YELL project」
JAPAN LIVE YELL project @ AICHI
あいちオーケストラフェスティバル
中部フィルハーモニー交響楽団 幸田公演



チラシ表面
(3.51MB)
日時 2021年1月31日(日)  開場/14:00 開演/15:00
会場 幸田町民会館さくらホール
料金 <全席指定> 500円(税込)
発売日 ※会館窓口販売分は完売いたしました。
発売場所 ●幸田町民会館チケットセンター
TEL.0564-63-1111(休館日を除く9:00~22:00)


●チケットぴあ 
http://t.pia.jp/
(Pコード:188-748)
※セブンイレブンでも直接購入もできます。
※残りわずか!

 https://clanago.com/i-ticket
※スマホチケットのみ取扱
※アイチケット取り扱い分は完売いたしました。
出演 粟辻 聡(指揮)
郷古 廉(ヴァイオリン)
中部フィルハーモニー交響楽団(管弦楽)
曲目 メンデルスゾーン:序曲「静かな海と楽しい航海」
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67「運命」


チラシ裏面
(1.41MB)
Pコード 188-748
会員予約  会員予約はございません。
その他 ※7月以降に開催を予定している公演につきましては、新型コロナウイルス感染症の今後の感染拡大や行政機関からの案内などにより、適宜見直すことといたしますので、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

※ご来場時にはマスクの着用をお願いします。
※やむを得ぬ事情により、出演者・曲目等変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※本イベントはその一部または全部が録音・録画され、インターネットにより配信される場合があります。予めご了承の上、ご来場ください。
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。
※車イス席の販売は、幸田町民会館チケットセンターのみとさせていただきます。
※団体予約(10名様以上)をご希望の方は、チケット発売日の1週間前までにお電話ください。
※チケット発売日に限り、お1人様4枚までの販売とさせていただきます。
主催 文化庁/公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
愛知県芸術劇場/幸田町文化振興協会
お問合せ 幸田町文化振興協会 0564-63-1111 
「劇場・音楽等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」 


出演者
粟辻 聡(指揮) So Awatsuji, Conductor

2015年、第6回ロブロ・フォン・マタチッチ国際指揮者コンクールで第2位。京都市立芸術大学、グラーツ芸術大学大学院、チューリッヒ芸術大学大学院をそれぞれ首席で卒業。これまでに、ザグレブ・フィル、マケドニア・フィル、ヤナーチェク・フィル、ムジークコレギウム・ヴィンタートゥール、オタワ・ナショナル・アーツ・センター管、日本フィル、新日本フィル、東京フィル、神奈川フィル、名古屋フィル、中部フィル、大阪フィル、日本センチュリー響、関西フィル、大阪響、兵庫芸術文化センター管、山形響、広島響、九州響、奈良フィル、オーケストラ・ジャパン等を指揮している。第28回京都芸術祭音楽部門亀岡市長賞受賞。奈良フィルハーモニー混声合唱団指揮者。京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻非常勤講師。

ⒸHisao Suzuki
郷古 廉 (ヴァイオリン) Sunao Goko, Violin

1993年生まれ。宮城県多賀城市出身。
2013年8月ティボール・ヴァルガ シオン国際ヴァイオリン・コンクール優勝ならびに聴衆賞・現代曲賞を受賞。現在、国内外で最も注目されている若手ヴァイオリニストのひとりである。デビュー以来各地のオーケストラ、ゲルハルト・ボッセ、井上道義、川瀬賢太郎各氏など各指揮者と共演。また2017年より3年かけてベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲を演奏するシリーズにも取り組んだ。
これまでに勅使河原真実、ゲルハルト・ボッセ、辰巳明子、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリ(Banat)。個人の所有者の厚意により貸与される。2019年第29回出光音楽賞受賞。
中部フィルハーモニー交響楽団

中部フィルハーモニー交響楽団は2000年に小牧市交響楽団として発足し、2007年に中部フィルハーモニー交響楽団と改名後、中部圏の音楽文化振興を図るため、各地で定期的な公演を行い地域に愛されるプロ交響楽団として活動を行っている。また文化庁巡回公演では10年に渡り北海道から沖縄まで日本全国で公演を行っている。現在の芸術監督・首席指揮者は日本を代表する指揮者の一人秋山和慶。2020年4月からは首席客演指揮者に飯森範親を迎え、さらなる飛躍を目指す。受賞歴としては、愛知県芸術文化選奨新人賞等を受賞。2017年12月には「地方自治の発展に寄与した」として愛知県知事より感謝状を授与された。本拠地は愛知県小牧市。